英国のうつ病診療ガイドラインでは、青年期のうつ病患者の治療に選択的セロトニン再吸収阻害薬(SSRI)を用いる場合には、症状の重い患者に限定し、さらに認知行動療法(CBT)のような心理療法と組み合わせるよう求めているが、果たしてこの心理療法は効果的なのだろうか。

ログインして全文を読む