侵襲性カンジダ症の第1選択薬の一つであるアゾール系抗真菌薬のフルコナゾールと、エキノカンジン系抗真菌薬であるアニデュラファンギンの効果を比較した結果、アニデュラファンギンの有効性が示唆された。米国ニュージャージー医科歯科大学のAnnette C. Reboli氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年6月14日号に掲載された。

ログインして全文を読む