市中肺炎の治療には外来静注療法(OPAT)か、ペニシリンやキノロンの経口薬か――。第55回日本化学療法学会総会では、こうした治療法の選択基準や適応についてのシンポジウムが設けられ、議論が交わされた。

市中肺炎の治療、「静注」か「経口薬」かの画像

ログインして全文を読む