入院患者由来の緑膿菌の薬剤感受性は、従来使われてきたカルバペネムがかなり低くなっており、ニューキノロン系薬とさほど変わらない程度になっていることが分かった。第55回日本化学療法学会総会で薬剤感受性サーベランス研究会の中森祥隆氏(三宿病院呼吸器科部長、東京都目黒区)が報告した。

入院患者の緑膿菌の薬剤感受性の最新動向の画像

ログインして全文を読む