輸血により癌は伝染するか――。スウェーデンとデンマークで、癌と診断された患者が診断前5年間に提供した血液を輸血された人々の癌罹患リスクを調べた結果、献血後に癌と診断されたドナーから輸血を受けても、癌リスクは上昇しないというデータが示された。スウェーデンKarolinska研究所のGustaf Edgren氏らの報告で、詳細はLancet誌2007年5月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む