300mg/日以上のアスピリンを約5年間使用すると、10〜14年後の大腸癌リスクは、アスピリン非使用者に比べ74%も低くなることが示された。英Oxford Radcliffe診療所のEnrico Flossmann氏らの報告で、詳細はLancet誌2007年5月12日号に掲載された。

ログインして全文を読む