速効型インスリン分泌促進薬のナテグリニドと新たな糖尿病薬として注目されるDPP-4阻害薬の併用は、2型糖尿病の進展を抑制する上で有用とする発表があった。動物実験で確認されたもので、5月24日から26日まで仙台で開催された第50回日本糖尿病学会で、味の素(株)医薬研究所の北原吉朗氏らが報告した。

ログインして全文を読む