軽症喘息患者の治療のステップダウンは、どのようにすべきなのだろうか。1日2回の吸入ステロイドで喘息が良好に管理されている軽症の患者を対象に、1日1回のフルチカゾン+サルメテロールまたは1日1回のモンテルカストを用いてステップダウンが可能かどうか調べる無作為化試験を実施した結果、フルチカゾン+サルメテロールへの切り替えが可能であることが示された。米国Wake Forest大学のStephen P. Peters氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年5月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む