糖尿病の新たな薬として注目されているGLP-1誘導体やDPP-4阻害薬は、特に日本人の2型糖尿病にとって大きな福音になる――。5月24日、仙台で開かれている第50回日本糖尿病学会学術集会のシンポジウム「新しい治療法GLP-1」で、座長の一人である東京女子医大糖尿病センター長の岩本安彦氏は、こう締めくくった。

ログインして全文を読む