食後のCPRと血糖値の比が、糖尿病の治療法を選択する際の簡便な指標となることが報告された。市立八幡浜総合病院の酒井武則氏らが、5月24日から仙台で開かれた第50回日本糖尿病学会で発表した。

ログインして全文を読む