この1年間の禁煙挑戦者の禁煙外来受診率は、3.6%にすぎないことが分かった。また、「禁煙外来の内容は何も知らない」と回答した人は39.1%に上り、禁煙外来の役割が十分に理解されていない現状が浮き彫りになった。ニコチン依存症の保険適用後1年間の喫煙・禁煙事情を探った調査で明らかになったもの。

ログインして全文を読む