生きている患者の全脳のβアミロイド蓄積状態を網羅的に調べ、定量的なデータを得ることができる方法として、PIB-PETが注目を集めている。東京都老人総合研究所付属診療所所長の石井賢二氏は、PIB-PETを用いると、脳内の糖代謝を見るFDG-PET検査に先駆けて、超早期にアルツハイマー病を診断できる可能性を示した。

ログインして全文を読む