関東に続き、関西でも集団感染事例が見られ始めた麻疹。その麻疹の単抗原ワクチンの需給がタイトになってきた。需給がさらに悪化することを懸念して、厚生労働省は18日、買占めをしないように通知を出した。しかし、時すでに遅く、製造・販売社段階では「品切れ」寸前に至っているようだ。

ログインして全文を読む