入院を要するような救急患者や救急車を受け入れることが主な役割である、2次救急医療機関。しかし、医療機関によってその受け入れ状況には差があるようだ。全国の2次救急医療機関のうち4割近くが、救急当番日1日当たりの救急車の受け入れ台数が1台未満であることが、救急医らの調査によって分かった。

ログインして全文を読む