「今回の薬の納入価格の交渉では、医薬品卸が強かったんじゃないか」(大手薬局チェーン社長)――。5月14日までに出揃った大手医薬品卸4社の2006年度決算を見る限り、この言葉は間違っていないといえそうだ。

ログインして全文を読む