胃内視鏡検査で発見された胃癌患者の半数以上が、過去2年以内に内視鏡検査を受けており、癌を見逃されていた可能性が高い、というショッキングな報告があった。撮影不良や良性疾患との誤診例もあったが、前回の画像にはきちんと病変が映っていて、「単なる見逃し」と思われるケースも少なくなかった。東京で開催されている第73回日本消化器内視鏡学会総会のワークショップで5月9日、東京都多摩がん検診センター消化器科の水谷勝氏が発表した。

ログインして全文を読む