脳梗塞急性期の合併症である一般的な静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症または肺塞栓症)の予防には、低分子ヘパリンまたは未分画ヘパリンの適用が推奨されているが、これら2剤のうち、予防効果が高く出血リスクが低いのはどちらなのだろうか。

ログインして全文を読む