米国の各種透析センターにおける遺伝子組換え型ヒト・エリスロポエチン(エポエチンα)の用量を比較したところ、大規模営利チェーンは非営利施設に比べ、より高用量のエポエチンを用いていることが明らかになった。米国Medical Technology and Practice Patterns InstituteのMae Thamer氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年4月18日号に掲載された。

ログインして全文を読む