「昨年、このシンポジウムの開催を提案したときには、医師不足がこれほど大きな社会的関心事になるとは思わなかった」(座長)。「専門性・自立性の故に、これまで第三者による評価が行われてこなかった医師の働き方が、シンポジウムのテーマになるとは感慨深いものがある」(あるシンポジスト)――。

医師の過重労働解消へ提言相次ぐの画像

ログインして全文を読む