恒久的ペースメーカーや埋め込み型除細動器など、埋め込み型の心臓補助装置の感染症罹患率を調べる大規模研究が世界で初めて実施され、装置感染リスクは黄色ブドウ球菌による血流感染で高いこと、ペースメーカーより除細動器の方が感染が起こりやすいことが明らかになった。

ログインして全文を読む