慢性心不全患者が、定期的な受診または往診なしで遠隔監視システムを利用した場合に、臨床的な利益は得られるのだろうか。オーストラリアSouth Australia大学のRobyn A Clark氏らは、無作為化試験のメタ分析を行い、テレモニタリングまたは電話を使った患者支援が、死亡率低減と心不全による入院の抑制、QOLの向上をもたらすことを示した。

ログインして全文を読む