逆流性食道炎患者のQOLは一般的に低くなっており、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の投与で改善でき、生活指導も併用することでより効果が期待できる――。1万人以上の逆流性食道炎患者を対象としたREQUESTスタディの結果がまとまり、これらの“定説”が日本人における大規模調査で裏付けられた。

PPI投与で逆流性食道炎のQOL改善の画像

ログインして全文を読む