循環器病の診断と治療に関するガイドラインの中で、利用頻度が最も高いのは「心房細動治療(薬物)ガイドライン」であることが分かった。日経メディカル オンラインが実施した循環器病関連ガイドラインの浸透度調査で明らかになったもので、回答者全体の56%、循環器内科医の73%が日常診療で利用していると回答した。

利用頻度の高い循環器関連ガイドラインの画像

ログインして全文を読む