世界保健機構(WHO)は、国際疾病分類第11版(ICD11)作成に向けた第1回の改定運営会議を、4月16〜18日に東京で開催する。ICDは、これまでもSARSや鳥インフルエンザのように新たに登場した疾患への対応などで、1年あるいは3年おきに小規模な改訂を繰り返してきたが、版が変わる大改訂は1989年以来15年ぶりとなる。

15年ぶりに国際疾病分類が大改定への画像

ログインして全文を読む