当直を担当する勤務医の約2割が月5回以上の当直をこなし、当直翌日も忙しさと関係なく普通勤務せざるを得ない勤務医が9割に上ることが、日本病院会の調査で明らかになった。当直を除く勤務時間も週56時間以上が4割を超えており、勤務医の過酷な労働を裏付ける結果となった。

ログインして全文を読む