片頭痛は、病因や発症機序が複雑で、単剤投与では十分な効果が得られないことが多く、それぞれ別の経路に作用する複数の薬剤を併用する治療が有望と考えられている。スマトリプタン-ナプロキセン合剤と、スマトリプタン単剤、ナプロキセン単剤、プラセボ薬の片頭痛治療効果を無作為化試験で比較した結果、合剤の有効性と安全性が示された。

ログインして全文を読む