日本循環器学会が2002年に発表した「禁煙宣言」は、着実に成果を生んでいるようだ。日経メディカル オンラインが実施した調査で明らかになったもので、「専門医で喫煙している人は以前より確実に減った」との回答は49.2%と半数近くに上っていた。

日本循環器学会の「禁煙宣言」のその後の画像

ログインして全文を読む