「X線CTの多列化や高速化は、短時間での撮影を可能にし精緻な画像をもたらしてくれた。しかし、それに伴って放射線科医の読影量が膨大になり、精神的に追い込まれている医師もかなりいるはずだ。抑うつ状態になって、『死ぬしかない』と思い詰めるようになれば、これは放射線“死んだん”だ」――。

CT読影の増大で放射線「死んだん」?の画像

ログインして全文を読む