昨年末、36年ぶりに国内での発症例が確認された狂犬病。その患者を経験した洛和会音羽病院(京都市山科区)の総合診療科・感染症科のグループが、臨床経過の詳細を第81回日本感染症学会総会で報告した。

36年ぶり「狂犬病」の詳細が明らかにの画像

ログインして全文を読む