医師養成の在り方を多様化すべき――。第27回日本医学会総会の特別シンポジウム「今日の医学教育、医療制度の問題点とその改革」の前半では、学部教育から卒後臨床研修まで多岐にわたるテーマについて議論された。各シンポジストに共通していたのは、一般の4年生大学を卒業後にメディカルスクールに入るコースを作るなど医師養成のプロセスを多様化したり、医学部生の選考には医療ボランティアの経験を見る、といった養成の課程や中身の多様化を求める声だ。

医師養成の方法は多様化すべきの画像

ログインして全文を読む