「治療の選択に関して患者の意見や希望が生かされていると思うか」について、医師では7割超が「生かされている」と答えたものの、一般市民では4割弱にとどまり、両者の認識に大きな差があることが明らかになった。これは、医療関係者と一般市民を対象に実施した調査で、第27回日本医学会総会の特別シンポジウム「今日の医学教育、医療制度の問題点とその改革」で公表された。

「患者の意見が生かされていない」の画像

ログインして全文を読む