人工呼吸を省いた胸部圧迫のみの心肺蘇生(CPR)でも、これらを併用したCPRに優る神経学的アウトカムが得られることが臨床的に確認された。SOS-KANTO(関東地方院外心停止患者に対する多施設共同研究)と名付けられた前向きの多施設観察研究によるもので、詳細はLancet誌2007年3月17日号に報告された。

ログインして全文を読む