様々なダイエット法が現れては消えるが、それらのメリットとリスクが科学的な方法で評価されることはほとんど無いのが現実だ。米国Stanford大学のChristopher D. Gardner氏らは、米国で注目を集めている減量法のうち、炭水化物摂取量が異なる4通りの方法について、体重減少とメタボリックシンドローム危険因子に対する影響を比較した。その結果、炭水化物の摂取を厳しく制限するAtkins法が最も好ましいことが示された。詳細は、JAMA誌2007年3月7日号に報告された。

ログインして全文を読む