厚生労働省は医療機関の広告規制を4月から緩和する。このほど、その際の「医療広告ガイドライン案」を取りまとめた。従来は、医療法に列挙された標榜科、医師名、住所、電話番号など、限られた項目しか表示できなかった。今回は患者や家族が自分の病状などに合った適切な医療機関を選択しやくするよう、掲示できる情報量を増やすこととなった。

医療機関の広告規制が4月から緩和の画像

ログインして全文を読む