成人入院患者にインフルエンザ抗原迅速検査を実施したところ、結果が陽性だった患者については、抗菌薬の使用が見送られる、または打ち切られる頻度が有意に高いことが明らかになった。米国Rochester総合病院のAnn R. Falsey氏らの報告で、詳細はArch Intern Med誌2007年2月26日号に報告された。

ログインして全文を読む