居住地域の大気汚染が、子供の肺機能の成熟に悪影響を及ぼすとされるが、高速道路沿線のような、より狭い範囲に限定される大気汚染はどの程度悪影響を及ぼすのだろうか。米Southern California大学のW James Gauderman氏らは、高速道路沿線の大気汚染も、10歳から18歳までの子供の肺機能の正常な発達を妨げる可能性を示した。詳細は、Lancet誌2007年2月17日号に報告された。

ログインして全文を読む