膵管拡張がある慢性膵炎患者に対する膵管減圧術として、内視鏡的ドレナージと外科的ドレナージのどちらが有効なのだろうか。狭窄と結石の両方を持つような患者を対象に、2年間の臨床転帰を比較した結果、外科的処置の方が有効であることを示す結果が得られた。オランダAmsterdam大学病院のDjuna L. Cahen氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年2月15日号に報告された。

ログインして全文を読む