電子カルテやオーダーエントリーシステムを導入した医療機関では、医師の負担が必ずしも減っておらず、逆に増えている可能性があることが、内閣官房の調査で分かった。

ログインして全文を読む