国立感染症研究所(感染研)感染症情報センターの「インフルエンザ流行レベルマップ」の最新版で、愛知県と宮崎県に「警報」が、北海道から沖縄県までの全国22都道府県に「注意報」が発令された。前週までは、警報が愛知県のみ、注意報は全国で5県に止まっており、ここに来て、インフルエンザの流行地域が全国化していることがうかがえる。

インフル「注意報」が22都道府県に拡大の画像

ログインして全文を読む