帝国データバンクが2月13日に公表した「全国企業倒産集計(2007年1月分)」で、病院・開業医の月間の倒産件数が8件を数え、2005年4月の集計対象変更から22カ月間で最悪となったことがわかった。負債総額は91億8400万円。

ログインして全文を読む