子宮筋腫への子宮動脈塞栓術(UAE)は、子宮を残すことができる侵襲性の低い治療として1990年代から適用が増加しているが、標準治療である摘出術に比べて術後の患者のQOLに違いがあるのだろうか。

ログインして全文を読む