患者が訴える「胸やけ」と医師が考える「胸やけ症状」の間に相違があることが分かった。特に「非びらん性胃食道逆流症」(NERD)の患者では、「胃が痛い」という症状を「胸やけ」と訴えるケースが少なくなく、医師の認識との間に大きな差が見られた。2月1日から東京で開催されいている第3回日本消化管学会で、発表された。

患者の「胸やけ」と医師の「胸やけ」に差の画像

ログインして全文を読む