日本医師会の女性医師バンクに対し、これまでに600件を超える登録票請求があり、高い関心を集めていることが明らかになった。1月31日の記者会見で、日本医師会常任理事の羽生田俊氏は「今後、求職者と求人者をどのようにマッチングさせて実績を挙げていくかが大事だ」と語った。

女性医師バンクに600件超の登録票請求の画像

ログインして全文を読む