車を運転する花粉症患者の2割が、医師から処方された抗ヒスタミン薬の眠気などの副作用について、医師や薬剤師から十分な注意を受けていないことが分かった。健康日本21推進フォーラムが実施した「ドライバーと『花粉症』に関する調査」で明らかになった。調査は、フォーラムに加盟する企業への情報提供を目的に実施されたもの。

花粉症ドライバーの7割が薬の説明に不満の画像

ログインして全文を読む