豪雪災害によって、運動や歩行などが困難になる廃用症候群に陥る老人が約2割いる──。こんな調査結果が、厚生労働省研究班の調査研究によって明らかになった。このうち3割近くは、数カ月経過した時点でも身体機能が回復しておらず、高齢化が進む豪雪地帯での対策が求められる。

ログインして全文を読む