脳梗塞発症3カ月後の機能予後を有意に改善するアルテプラーゼは、日常診療でも安全に使えるのだろうか。スウェーデンKarolinska大学病院のNils Wahlgren氏らは、血栓溶解療法の経験がほとんど無い医療機関が日常診療の場であっても、アルテプラーゼ静注は無作為化試験と同等かそれ以上に安全で有効であることを示した。詳細は、Lancet誌2007年1月27日号に報告された。

ログインして全文を読む