毎週、国立感染症研究所感染症情報センターが発表している「感染症発生動向調査週報」(IDWR)の最新版(2007年第1-2合併号)によると、2007年第2週(1月8日〜14日)の定点当たり報告数は0.37。流行開始の指標である1.0は超えておらず、年明け早々の時点では、まだ全国的な流行には至っていないことが明らかになった。ただし、週報のコメントでは、「今シーズンで最も高い値となっており、注意が必要である」と引き続き警戒を呼びかけている。

ピークは3月?規模は00/01シーズン並みかの画像

ログインして全文を読む