1月上旬から本格化してきたインフルエンザの流行が、下旬に入って全国的な広がりを見せている。全国の有志医師により運営されている「MLインフルエンザ流行前線情報DB」によると、今週に入ってから、山形県、宮城県、福島県で症例報告が増えており、北海道でも報告数が10件を超えた。

インフルエンザ流行、東北から北海道にもの画像

ログインして全文を読む