男性の下部尿路症状に対し、標準治療に加えてセルフマネジメント法を適用すると、標準治療だけの場合に比べ、治療失敗の頻度が有意に下がることが示唆された。英王立外科大学のJan van der Meulen氏らの研究成果で、British Medical Journal(BMJ)誌2007年1月6日号に掲載された。

ログインして全文を読む