世界の麻疹による死者の推算値は、1999年の87万3000人から2005年には34万5000人へと、約6割減少していることが明らかになった。定期的予防接種率の向上に加えて、2回目の予防接種機会を提供する戦略が効を奏した結果だ。詳細はLancet誌2007年1月20日号に報告された。

ログインして全文を読む